ワインを好む方は、ヴィンテージワインを好む

ヴィンテージワインといえば、高級ワインの代名詞であるヴィンテージ・ワインを思い出す方も多いと思います。

ワイン好きな方は、当たり前ですが、飲み頃のワインを求め飲むそうです。

ワインには、ワインに見合った飲み頃があり、その飲み頃に合わせて飲むのが、ヴィンテージワインの醍醐味といえるでしょう。

飲み頃のワインは程よく熟成され、刺激成分が和らいでいるので、ワインの持つ奥深い味わいを吟味することができるという楽しみがあると聞きました。

一般的に高価なワインには、酸、タンニンなどのエキスが豊富に含まれておりますが、その豊富なエキスが、攻撃的な渋さと感じる方も少なくありません。

ですが、ヴィンテージワインのように飲み頃を迎えたワインには、その攻撃的な渋さがなく、まろやかな飲み心地となっているのです。

ヴィンテージワイン専門店シエル・エ・ヴァンでは、年代物のワインを多数取り扱っています。

因みに、ヴィンテージワインの語源はフランス語のヴィンテージ、ラテン語のぶどうを収穫するからきております。